第49回 7月7日 歳時記「七夕の宴」

完売御礼 につき
お申込み受付を締め切らせていただきます。


(イメージ)過去の歳時記より

金茶寮本店 7月の歳時記は「七夕の宴」と題し、富山県八尾町の魅力をお届け致します。
旬の食材とともに、福鶴酒造のお酒「大吟醸 風の盆」を味わい、富山県民謡越中八尾おわら保存会による「越中おわら風の盆」をお楽しみ下さい。

日時など

開催日:7月7日(土) 18:00より
料 金:15,000円

旬の味:鮑、鱧、大門素麺など
お飲物:大吟醸 風の盆(福鶴酒造/富山県八尾町)
食 談:「伝統芸能をまちづくりに生かして、一大観光資源に」

講 師:福島 順二 (越中八尾観光協会、越中八尾おわら保存会 会長)
民 謡:越中おわら風の盆
演 者:富山県民謡越中八尾おわら保存会

食談「伝統芸能をまちづくりに生かして、一大観光資源に」


福島 順二(越中八尾観光協会、越中八尾おわら保存会 会長)

風の盆の舞台となる富山県八尾町の旧町部は3千人に満たない小さな町。9月初めになると20万人以上の観光客が溢れかえる祭りがあります。哀愁と優雅さとを併せ持ち、全国に幅広いファンを有している「越中おわら風の盆」。この伝統芸能を様々な取り組みで守りながら、通年的な観光資源として整備し、まちづくりの推進と観光振興に貢献してきた観光カリスマである福島順二さんをお迎えし八尾の街づくりを語って頂きます。

民謡「越中おわら風の盆」

演者:富山県民謡越中八尾おわら保存会

おわら風の盆

おわらの起源は江戸時代とされ、八尾町の11の団体で構成される保存会は、中興の祖と呼ばれる川崎順次氏が初代会長となり昭和4年に設立し、唄、踊り、地方の総合的な伝統芸能である「越中おわら」の保存と後継者の育成に努めている。哀切感に満ちた旋律にのって、無言の踊り手の洗練された踊りをお楽しみください。

お飲物:福鶴酒造有限会社/大吟醸 風の盆

1847年創業の伝統ある酒蔵で、恵まれた風土気候と名水、伝統の技と妥協を許さないこだわりで、創業以来良質な酒造りを続けている。「純米酒 風の盆」は、農薬・化学肥料を一切使用しない有機JAS認定を受けた有機栽培米コシヒカリ100%を原料に造ったお酒。芳醇な味わいと共に、安全・安心の面からも品質の向上を目指している。

お申し込み・お問い合わせ

完売につき申し込みを締め切らせて頂きます。
誠に有難うございました。

歳時記開催予告 — 2012/06/23


〒921-8033 石川県金沢市寺町1丁目8-50 電話番号 076-243-2121 FAX 076-244-1411
Copyright(c) 2008-2012 Kincharyo. All Rights Reserved.