第73回 歳時記「風の盆の宴」

2013-07-13-20.24

第73回 歳時記「風の盆の宴」をご案内致します。

平成26年7月19日(土) 午後6時開演 (受付:午後5時30分より)
料金:15000円

食談:富山の鱒寿し~13の匠の技~
講師:大郷 磨(おおご おさむ)
株式会社千歳(ちとせ) 専務取締役
富山ます寿し協同組合加盟店

お食事:鮑、鰻、大門素麺など
お飲物:富美菊酒造・富山市
羽根屋 夏吟醸 生酒羽根屋 純吟槽しぼり
酒蔵説明:羽根千鶴子(富美菊酒造・女将)

越中おわら風の盆
出演:越中八尾おわら道場

お申込:金茶寮 本店(076-243-2121)

富山の鱒寿し~13の匠の技~

2014-02-01 11.28.11

富山の名産ます寿しは、将軍徳川吉宗に献上した「鮎の酢(すし)」がルーツで、江戸末期に鮎からサクラマスに改良され今日の原型が誕生。毎春、鱒が遡上する神通川沿いの茶店で出された鱒寿しは、一躍旅人の評判になり、大正時代には駅弁として全国に知られる。神通川周辺には現在でも古い歴史を有する鱒寿し店が現存し、13の店舗が協同組合に加盟し普及に努める。歳時記では、江戸末期に創業し故高松宮殿下もご来駕された千歳(ちとせ)の大郷磨氏に、歴史や製法の特徴など語って頂きます。

富美菊酒造/羽根屋

haneya

立山連邦の豊富な水と富山平野の良質な酒米を厳選し、全て手作りで酒造りを行う富美菊酒造。屋号の羽根屋ブランドは、杜氏・羽根敬喜氏が大吟醸と同じ手間暇と魂を込めて醸すお酒。全国新酒鑑評会で何度も金賞受賞するるともに男性雑誌「Pen」に紹介され全国的に注目される。歳時記では、スッキリした夏限定の夏純吟と、イチオシの槽しぼりをお飲みください。
酒蔵説明:羽根千鶴子(富美菊酒造・女将)

越中おわら風の盆

2013-07-13-20.54

民謡:越中おわら風の盆
演者:越中八尾おわら道場

昭和60年、胡弓の名人・若林久義氏と囃子詞の名人・中田国嗣氏、そして道場初代会長の佐藤清氏を中心に、八尾の町の有志十数人が発起人となって誕生しました。明治生まれの方々から引き継いだ「おわらに対する熱い思いと理念」を大切にし、常に「真の越中おわら」を目指してこの輪を拡げたいと願っています。

歳時記開催予告 — 2014/06/27


〒921-8033 石川県金沢市寺町1丁目8-50 電話番号 076-243-2121 FAX 076-244-1411
Copyright(c) 2008-2014 Kincharyo. All Rights Reserved.