第57回 歳時記「花咲月の宴」

「のと里山海道」全線無料化記念 第1弾

歳時記 第57回「花咲月の宴」
七尾の伝統文化の魅力をお届けします。

平成25年3月23日(土) 午後6時開演
料金:15000円

季節の食材:筍八目(七尾産)、メジマグロ、七尾とり貝、春山菜 など
お飲物:天平のあらばしり 本醸造無濾過生原酒、天平七年古古酒/布施酒造( 七尾市)

食談:「花嫁のれんのまち」~「語り部処」でふれあい~
講師:北林 昌之(きたばやし まさゆき)/花嫁のれん館館長、七尾一本杉町町会長

民謡:七尾まだら保存会による 祝い唄「七尾まだら」

後 援:北國新聞社

「花嫁のれんのまち」

~「語り部処」でふれあい~

kitabayashi
北林 昌之(きたばやし まさゆき)
花嫁のれん館館長、七尾一本杉町町会長

600 年以上の歴史を持つ七尾一本杉通り。約50 の店舗が続き、登録文化財の建物も多く、歴史を感じる商店街では様々な取り組みが行われています。茶の間の観光をテーマに商店主などが語る「語り部処」。そして、「花嫁のれん展」に今では全国から多くの人が訪れます。町会長の北林昌之さんに商店街の魅力を語って頂きます。

七尾まだら

madara
昭和41 年、石川県指定無形民俗文化財に指定された「七尾まだら」は、お祭りや婚礼、新築のお祝いなど、七尾の慶事には欠かせない祝い唄として古来より歌い継がれてきました。「七尾まだら保存会」は、伝統と歴史のある七尾まだらの伝承と保存に努め、七尾の文化・産業・観光の発展に貢献しています。毎年12 月には七尾市で行われる1000 人が歌う『能登の第九』まだら公演でまだらを披露しています。

布施酒造

huse
創業明治九年。銘柄「天平」は、石動山に昔あった天平寺に由来し、ユニークなラベルは絵描きの長男が描く。布施酒造の特徴は「古酒」。新酒は通年販売のにごり酒のみで、他は最低三年の年月を経て出荷。 佳撰は三年が主体、五年は上撰、特撰は三年酒、五年大古酒、十年酒の原酒。古酒独特の色と味をお楽しみください。

第58回 歳時記 春宵の宴

「のと里山海道」全線無料化記念 第二弾
~古来から伝わる珠洲の伝統文化をお届けします~

開催日:4月20日(土) 18:00より
料金:15,000円

お食事:桜鯛、平政、アスパラ、珠洲の海(一番釜) など
お飲物:特別純米酒 大慶 生・能登 初桜・能登の桜色の甘酒/櫻田酒造(珠洲市蛸島町)

yamagishi

食談:半島の先端で塩作り ~珠洲塩田物語 ~
講師:山岸 順一(やまぎし じゅんいち)/塩職人・(株) 珠洲製塩

民 謡: 砂取節
踊り手: 珠洲市砂取保存会

歳時記開催予告 — 2013/03/01


〒921-8033 石川県金沢市寺町1丁目8-50 電話番号 076-243-2121 FAX 076-244-1411
Copyright(c) 2008-2013 Kincharyo. All Rights Reserved.